本会に加盟しているボランティア団体


認定NPO法人病気の子ども支援ネット遊びのボランティア

 

活動エリア: 東京新宿区

問合せ先:a.so.vo@ys.dion.ne.jp

団体概要:高度医療を提供する小児病棟で子どもと遊ぶボランティアをしています。一方で病院のそばにマンションを借りてボランティアと家族の交流の場となっています。通院途中に寄っておしゃべりしたりご飯をたべたり、お友達と遊んだり入院中だけでなく退院してからのつながりも大切にしています。 “お母さん食堂”では付き添いママにお弁当を安価で病室までお届けして喜ばれています。

ホームページはこちら

オレンジクラブ 神奈川県立こども医療センター  

 

活動エリア:神奈川県立こども医療センター 

問合せ先:神奈川県立こども医療センター

kcmcvolunteer@kanagawa-pho.jp

団体概要:当センターでは、高校生、大学生、主婦、職業人、定年退職後の方など、個人と28のグループ、300人以上の方々がボランティアとして活動しています。季節の飾り付け、花壇の手入れなどの環境整備や、絵本の読み聞かせなど心を和ませてくれる活動まで様々な活動があります。

ボランティアを志す理由はさまざまですが、ひとつ共通しているいことは、「ひとの役にたちたいという願い」です。そして活動をとおして子どもたちやご家族から元気や勇気をいただいています。

 

ホームページはこちら

京大病院小児科ボランティアグループ 

にこにこトマト

 

活動エリア:京都市

にこにこトマトは京大病院こども医療センターに入院している子どもたちとご家族に「楽しく豊かな時間」をプレゼントしている

ボランティアグループです。1995年に発足し現在約70名の登録者がいます。

「今、この時、この瞬間」子どもたちの瞳が輝きますように。 

 

FBページはこちら

特定非営利活動法人ぷくぷくばるーん

 

活動エリア:愛知県

団体概要:ぷくぷくばるーんの活動背景には、子どもたちの「閉鎖的な刺激の少ない入院生活」があります。付き添うご家族は、わが子の病状に加え、身動きのできない生活環境などの様々なストレスを抱えながら生活しています。病院のスタッフだけでは日々の業務に追われ、子どもたちの遊びやストレスというメンタルな面まで手が回る状況ではありません。ぷくぷくばるーんは、入院生活の経験者という元患者家族の視点から、一人でも多くの子どもたちや付き添うご家族に、心からの本物の笑顔が届けられる活動を常に考えています。

 

ホームページはこちら

 

NPO法人日本ホスピタル・クラウン協会

 

活動エリア:全国

NPO法人日本ホスピタル・クラウン協会では、クラウン(道化師)が小児病棟を訪問し、闘病中の子ども達に笑顔を届ける活動をしています。普段、サーカスや遊園地でショーを見せるクラウンが病院のエントランスや小児病棟のプレイルームでショーをするだけではなく、病室内に入って子ども達と遊びます。笑いや楽しさを中心とした創造性を膨らませ、能動性を引き出し社会性を取り戻すお手伝いをしています。

ホームページはこちら

 

スマイリングホスピタルジャパン

 

活動エリア:東京都

闘病中でも重い障がいと闘っていても芸術や学びが心の自立と成長に欠かせないとの理念のもと、小児病棟や施設にて参加型芸術活動を、在宅訪問にて学習支援を行なう認定NPO法人。2012年設立。北海道から沖縄まで全国15都道府県45病院の小児病棟や施設を、プロのアーティストが定期的に訪問している。登録アーティストは全国で160名。2017 年に在宅医療を受ける重度の障害児への学習支援を開始した。

ホームページはこちら